« 里芋で呑むのに早すぎればそばでビールを(光は東方より・15) | Main | 大木凡人の知名度は巡洋戦艦に乗って海を渡る »

イエ=ラ・イラー!クスルウー、タイン!イエ!イエー!

Ikamusume
・・・ネタにひねりがなさ過ぎたなあ、と反省しましたので、『定本 ラヴクラフト全集』版から呪文を引いてきました。大瀧訳とはちょっと語感が違って、いささか据りが悪いですね。というわけで、安部真弘『侵略!イカ娘』からイカ娘。このタイトルもまたひねりがない上、イカ娘、名前すらないのですね(笑
#いや、実際には侵略してないから、その意味でひねってあるのか?

宮崎駿監督の最新作『崖の上のポニョ』を私は当然見ていない(『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』は見たが(笑))。しかし、想像するに、プロットの段階で一般的には「人魚姫」を思い起こすところであろうが、現代日本社会においては、クトゥルー神話を思い起こした人も相当数に及ぶのではないかと思われる。アメリカの風土の中に、ウォルト・ディズニーによりカリカチュアライズされた「リトル・マーメイド」的海洋イメージと、ラヴクラフト的にカリカチュアライズされた「インスマウスの影」的な海洋イメージが共存しているという事象は、とりわけ、両者に白人中心主義的な価値観が共有されていることに鑑みると、興味深いものがある・・・この構図に従うならば、日本が明治期の国民国家形成によって(少なくとも自意識としては)「脱亜」したのだ、という素朴な文明史観にでものっとらない限り、「我々」にとっての「海」は、アメリカ的「異界」のイメージを負わせることが難しい領域として立ち現れてくるのではないかとも思われる。
#もっとも、上掲の「自意識」が相当程度に強固なものであることは、戦前には柳田国男が、近時では網野善彦が「海民」の世界を(まさしく逆説的に)カリカチュアライズして描かなければならなかったことが証明しているが。
この点で興味深いのは、かつて、佐野史郎の主演により日本を舞台として描かれたTVドラマ「インスマスを覆う影」であろう(後に「蔭洲升を覆う影」として『クトゥルー怪異録』に収録)。殆ど原作と同じプロットで進行するその物語は、しかし、原作と同じように海沿いの寂れた漁村「蔭洲升」の異常性を強調する各種の演出により、日本の「ムラ」が持っているウェットな閉鎖性を描き出すことに成功していた。その恐怖は、例えば横溝正史の一連の岡山を舞台とした作品にも類似したものであり、だからこそ、これも原作通りに終結するドラマが、プロットが全く同じであるものの、やはり非常にウェットな怪奇として機能したのであろう。ラヴクラフトの原作が、自らの中に「異界」の血統が混じっていることのおぞましさを示していたのに対し、翻案では、存在自体を攻囲するシステムとしての「ムラ」そのものの不可視の圧力こそが、恐怖として描かれていたのではなかったか。
仄聞するに、『崖の上のポニョ』は、人外のポニョが人間社会において適合的に存在し続けることができるかどうかが描かれているのだという。ドラマトゥルギーとして、その可能性は、例えば「啓蒙」などの「文明」的価値に開かれているが、それを見る側の「我々」が、上記したような不可視の圧力に攻囲されているとしたらどうであろうか・・・その結末は、無論明示されてはいないだろうが、おぞましいものとなる可能性を秘めてはいないか。
#いや、ちゃんと見てから書きなさいよ、って感じですけど(笑

|

« 里芋で呑むのに早すぎればそばでビールを(光は東方より・15) | Main | 大木凡人の知名度は巡洋戦艦に乗って海を渡る »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Hurrah! Finally I got a web site from where I be capable of genuinely obtain valuable data concerning my study and knowledge.

Posted by: minecraft free download full version | February 11, 2015 at 01:38 PM

Thanks for finally writing about >イエ=ラ・イラー!クスルウー、タイン!イエ!イエー!: アルクトゥルスの25度下

Posted by: Payday Loans No Credit Check | February 08, 2015 at 06:19 PM

Having read this I believed it was rather enlightening. I appreciate you finding the time and energy to put this information together. I once again find myself spending a lot of time both reading and leaving comments. But so what, it was still worthwhile!

Posted by: best dating sites | January 26, 2015 at 06:22 AM

Its such as you learn my mind! You seem to understand so much approximately this, such as you wrote the book in it or something. I feel that you just can do with some % to pressure the message house a little bit, but instead of that, that is wonderful blog. A fantastic read. I will definitely be back.

Posted by: best dating sites | December 19, 2014 at 10:03 AM

久我さま

コメント有難うございます。やはりクトゥルー神話は紳士のたしなみ、人としての常識ですよね(笑

「トトゥルー」は、ひょっとするとツァトゥグアの末裔か何かを示しているのかもしれませんね。サツキやメイの住まいは、地の底深くでヴーアミタドレス山と繋がっており、その眷属を彼女らは「マックロクロスケ」なる呼称で示しているのでしょう。

…とかいうウソ神話はいくらでも思いつきますが、諸方面から怒られそうなので。

Posted by: 鏡塵 | August 22, 2008 at 02:13 AM

まさか同じような視点の方がいようとは(笑)

友人たちの間でも、やはりインスマウスではないか、ポニョ=クトゥルー説が話題になりました。

新宿駅を通ると『ポニョ』の背景画の展示をやっています。海底の絵は色彩もデザインも現界を侵食するような雰囲気も漂っています。

もしかするとその片鱗は『となりのトトゥルー』において見られていたのではないかと。

と馬鹿なことを考えつつも、近々、夏休みの子供に混ざって、映画を見に行くことになりました。

Posted by: 久我 | August 21, 2008 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57426/42218408

Listed below are links to weblogs that reference イエ=ラ・イラー!クスルウー、タイン!イエ!イエー!:

« 里芋で呑むのに早すぎればそばでビールを(光は東方より・15) | Main | 大木凡人の知名度は巡洋戦艦に乗って海を渡る »