« 「しかしキミは存在自体が出オチだな」 | Main | なぜ神柱現出確率が一番高いのがメキシコなのか »

夢の歌声!!ホワイトブレスシュート

Marie
通称が「白ゴス」であって「白ロリ」じゃないから違うのかもしれませんが・・・というとアレか、沖縄にいたのが赤で、必殺技が「怒りの閃光!!レッドブラッドアロー」だったということでしょうか(笑
まあ、6巻発売記念ということで、『もやしもん』から「3人目」のマリー。しかし、この作品に出てくる底の厚い靴の娘さんたち(女装含む)は、なんでみんな大河原立ちなのでしょうか(笑
#久々に「夢がいっぱいフリルいっぱい」な絵を描いたのでちと脳内麻薬が出ました(笑

近時、『ハチミツとクローバー』や『のだめカンタービレ』といった、アーティスティックな専攻の学園生活を扱った少女マンガが人口に膾炙しつつあるようであるが、これは少女マンガに限ったものではなく、例えば『ひだまりスケッチ』などのような、所謂「萌え四コマ」作品においても見られる動向のようである。もっとも、『ハチクロ』や『のだめ』は、専攻の特殊性に関する描写をきめ細やかに行う一方で、少女マンガの文法に比較的ベーシックに従ったドラマトゥルギーを備えているからこそ、例えば実写ドラマなどの形でも受容され得たのであろうし、逆に『ひだまりスケッチ』は、やはり近時の「萌え四コマ」らしく、読者側においてキャラクターの関係性を組み替えて鑑賞し得るような作法に忠実に従っているようである。一方、一見同じ作法に従っているようであっても、『GA 芸術科アートデザインクラス』は、かなり専門性の高い素材を取り扱っている分だけ、「萌え四コマ」としての純度は低くなっている印象を受ける。
#『スケッチブック』も『GA』と同じ方向性だろうか。キャラ立ちすぎかもしらんが(個人的には栗原さんと樹々くんの掛け合いが好き)。
##なお、『ひだまりスケッチ』のアニメは新房カントクなので別物としておく。3巻の宮子の「バッテンがない・・・」はアニメの影響に見えて仕方が無い(笑
思うに、アーティスティックな分野に限らず、特殊な学園生活を素材とする作品は、その素材の特殊性と「学園生活」が付随させやすいドラマトゥルギーとの危ういバランスの上に成立しているように思われる。その素材があまりに特殊だと、「学園生活」において展開されるべきものと理解されているであろうドラマトゥルギー、例えばヘテロセクシュアルなロマンス(素直に「学園ラブコメ」と言えばいいのか(笑))との統合が難しくなる。しかし、既往の作品において、高い評価を受けているのは、むしろこの微妙なバランスを踏まえつつも、両者の乖離をこそ描く作品群ではなかったか・・・例えば、『動物のお医者さん』がそうであったように、『もやしもん』もまた、この乖離の感覚にこそ魅力の宿る作品であるように思われる(ので、直保が影が薄くて活躍しないのはまったくもって正しい)。
#その点、6巻はちょっとまともな話すぎてやや物足りなかったのである・・・欄外はあいかわらず可笑しいが(笑
さて、特殊な素材に基づく学園生活マンガ、といえば、往昔においては『究極超人あ~る』を、近時においては『げんしけん』を挙げるべきであろうが、個人的な嗜好として、ここは西川魯介『野蛮の園』に指を屈しておきたい。「若き命は不退転/科学技術の贄となれ」という校歌(しかも「大声ですてばちに」歌え、という指示がある)が実に似合う、「学園生活」との位相がまったくもって痛快な作品であるが、どのような内容であるかは、唐沢なをき・二宮ひかる(1巻)、宇仁田ゆみ・平野耕太(2巻)、まつもと剛・水玉螢之丞(!)(3巻)というゲスト・コミック寄稿者がよく示しているところであるので、未読の方は・・・まあ別に未読のままでも構わない気もする(笑
#そういえば、この間『俗・さよなら絶望先生』のエンドカードを竹本泉が描いていて吃驚。
##あ、『音盤るぷぷキューブ ルプ・さらだ』は買いました。やはり「ロボット ロロロ」は良い曲だ(笑

|

« 「しかしキミは存在自体が出オチだな」 | Main | なぜ神柱現出確率が一番高いのがメキシコなのか »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Definitely believe that which you stated. Your favorite justification appeared to be on the internet the easiest thing to be aware of. I say to you, I certainly get irked while people think about worries that they plainly don't know about. You managed to hit the nail upon the top and defined out the whole thing without having side effect , people can take a signal. Will probably be back to get more. Thanks

Posted by: free music downloads | February 18, 2015 at 09:21 PM

Heya i'm for the primary time here. I found this board and I find It truly helpful & it helped me out much. I am hoping to offer one thing back and help others such as you helped me.

Posted by: fotos chicas bonitas | January 28, 2015 at 12:26 PM

Hi! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and tell you I really enjoy reading through your posts. Can you recommend any other blogs/websites/forums that deal with the same subjects? Thanks!

Posted by: best Dating Sites | January 15, 2015 at 02:53 PM

Thanks for sharing your thoughts about best dating sites. Regards

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 08:04 PM

>蔓野さま
どうもです。私の絵は昔から散々「引きが弱い」(今風に言えば「萌えがない」でしょうかw)と言われていたので、望外の評価に恐縮しております。しかしいちご大福ですか・・・思わずコミックス引っ張り出して確認してしまいました(笑
確かに、大学を舞台にした作品は多くなっている印象ですね。『あ~る』から『げんしけん』への変化もその流れでしょうか。

Posted by: 鏡塵 | March 02, 2008 at 01:05 AM

再びこんにちは、蔓野です。
石川氏の絵を見ていると良い意味で「好きなものしか描かない」作家さんという印象を受けます。簡単に言うと「わかった!あなたがツリ目が好きなのはわかった!」「わかった!あなたが足フェチなのはわかった!」という(笑)
鏡塵様のイラストはタレ目がキュートな印象を抱いていたので、ツリ目なのがとっても新鮮でした。(竹本泉の)『あんみつ姫』のいちご大福のような清涼感がありますね。
以前は「学園もの」というと高校が主流でしたが、最近は「大学もの」が多くなってきたのかなという気がします。森見登美彦氏はファンタジーノベル大賞を受賞して以来、編集者から「しばらくはこの路線(※悩める大学生もの)で」と言われてしまい悩んでいるとかいないとか。読者層の年齢が高くなってきたということでしょうかね。パロディとして高校生活を描く『学園キノ』のような作品が出てきたこともある意味象徴的かと思います。

Posted by: 蔓野バラ子 | March 01, 2008 at 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57426/40308022

Listed below are links to weblogs that reference 夢の歌声!!ホワイトブレスシュート:

« 「しかしキミは存在自体が出オチだな」 | Main | なぜ神柱現出確率が一番高いのがメキシコなのか »