« ひょっとして今はない店舗なのかも | Main | タンメンとワンタンメンはちがうものだ »

雉も鳴かずばハーマイオニー

Ayumu
※若干補記しました(2007.06.20)←一瞬時を超えてしまった(笑
前にもネタにしましたが、アニメ化記念ということで、『ハヤテのごとく!』から西沢<練馬のベッカム>歩に綾崎ハーマイオニーの衣装を着せてみました・・・つか、「綾崎ハーマイオニー」って(笑
#ちなみにタイトルは古野まほろ『天帝のはしたなき果実』から。一応ミステリなのですが、殆どトリックには関係の無いこの種の小ネタ満載なのです・・・ミステリとしての出来はともかくとして(笑)、こういうのは好きです。しかし、戦後にも日本には帝国陸軍が残ってる設定(つまるところ『パヴァーヌ』みたいなSFなのですね)なのに、ガンダムはきちんと放映されてるのなこの世界(笑
##本屋に行ったら続編が出ていたのですが(『天帝のつかわせる御矢』)、エピグラフがハマーン様ですよアナタ(笑
###実は私、<ハリーポッター>シリーズは読んだことも観たこともないのですが。だからハーマイオニーも映画のTVCFでしか見たことありません。

・・・ずいぶん間が空いてしまいましたが(なんだか理不尽なくらい忙しかったもので)、TV完全オリジナル脚本の回での、キングスカッシャー登場シーンの無駄な作りこみ具合に敬意を表して(BGMがちと惜しかった)、『ハヤテのごとく!』について少々。
TV版『ハヤテのごとく!』では、番組の最後のスポンサー紹介のバックに必ず西沢歩の映像が流れ、彼女が(少なくともTV版では)物語の重要なキーであることを暗示している。作者自身によるキャラクター解説では、西沢歩は「特徴が無いのが特徴」であり、「その普通さがやがて物語においてとても重要な意味を持ってくる・・・はず」とされているが、この戦略は、『ハヤテのごとく!』における有効性はいささか疑わしいようにも思われる。
戸坂潤は、<常識>には消極的な意味と積極的意味があり、この相矛盾した側面が並存することを踏まえた上で、<常識>が積極的にもつ意味合いとして「それが平均値であるが故に・・・おのずから標準的なものであり、また理想的なものだというのでなくてはならない」とする(「『常識』の分析」)。しかし、この種の「健全」な常識が発揮されるには、実はかなり限定された条件が必要とされるため、結局のところそれはある種の少数者だけに開かれたものとならざるを得ない・・・西沢歩が帯びている<常識>は、消極的に解される「単なる平均値」と言わざるを得ないように見える(中村雄二郎『共通感覚論』)。
「ノルム」としての常識、基準値としての常識が示されている例としては、先に言及したように、『マリアさまがみてる』における福沢祐巳の場合が挙げられよう。ここで祐巳が示す<コモン・センス>は、『マリみて』の世界自体が「善」に引きつけられた人間観によって構成されているがゆえに、かろうじて成立しているに過ぎないのである(とすれば、これはどちらかというとコミュニタリアン的な世界観ということになるだろうか)。
さて、先の記事では、一般生徒の視点を導入することで『マリみて』の戯画的な世界観がメタ的視点から暴き出された、と記したが、実はこの視点もまた限定された射程のものであったことに注意したい・・・というのは、この「一般生徒」もまた、リリアン女学院の生徒であり、少なくとも経済的な基盤に関して言えば、祐巳とそれほど差があるわけではないからである。
#読者間でひそかな人気の桂さん(祐巳のクラスメート)もまた然り・・・なんというか、ロック的な「自然状態」にいるのですよ彼女らは(笑
この点、『ハヤテのごとく!』では、いささか困った事態が生じてしまっている。というのは、経済的基盤については、当初のライバルとして設定されたナギとの対比はまだ機能するとしても、読者投票でぶっちぎりの一位を獲得した桂ヒナギク(個人的にはこういうキャラ設定は面白みが無くてあまり好きではないのだがw)については、かつて作者が、『ハヤテのごとく!』とほぼ同じ設定で作った物語の帰結として、「お金持ちがいっぱい通っている」白鳳学院の生徒会長でありながら、「ブルガリ」が読めないレベルであることが示されており、西沢歩との対比は機能しにくくなっているのである・・・仮に、西沢歩の設定が、感情移入を呼び込む装置であり、経済的基盤やキャラクターの優秀さについての「平均値」でしかないとするならば、今の設定のままでは、<物語>の前景に現れるのはおそらく相当に困難であろう。
#あまつさえ、ヒナギクは「親に捨てられる」という経験についてハヤテと共有しているので・・・しかし、比較の視座を捨象して「今いる場所」を肯定するその手法は、なんだか「無知のヴェール」を思い起こさせます(笑

|

« ひょっとして今はない店舗なのかも | Main | タンメンとワンタンメンはちがうものだ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Normally I do not read post on blogs, but I wish to say that this write-up very pressured me to take a look at and do so! Your writing taste has been surprised me. Thank you, very great post.

Posted by: payday loans no credit check | February 15, 2015 at 03:19 PM

Hi, i believe that i saw you visited my blog so i got here to go back the favor?.I am trying to find issues to enhance my web site!I suppose its ok to make use of a few of your ideas!!

Posted by: match.com | February 10, 2015 at 06:57 PM

Since the admin of this web page is working, no doubt very soon it will be renowned, due to its feature contents.

Posted by: minecraft free download full version | February 10, 2015 at 07:11 AM

Hello, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was just curious if you get a lot of spam feedback? If so how do you stop it, any plugin or anything you can advise? I get so much lately it's driving me crazy so any support is very much appreciated. blogesaurus.com quest protein bars

Posted by: quest protein bars buy australia | January 23, 2015 at 11:56 AM

I take pleasure in, result in I discovered just what I used to be taking a look for. You've ended my 4 day lengthy hunt! God Bless you man. Have a nice day. Bye

Posted by: Best Dating Sites | January 06, 2015 at 02:52 PM

I think this is one of the most important information for me. And i'm glad reading your article. But want to remark on few general things, The site style is great, the articles is really excellent : D. Good job, cheers

Posted by: best dating sites | December 22, 2014 at 05:55 AM

Whoa! This blog looks exactly like my old one! It's on a totally different topic but it has pretty much the same layout and design. Superb choice of colors!

Posted by: best dating sites | November 21, 2014 at 12:41 PM

>文月さん

コメント有難うございます。なるほど、凛々しさ/乙女さという座標軸を導入すると、この両者の補完関係はしっくりと説明されますね。

ただ、ヒナギクの「凛々しさ」については作中多くのキャラが是認しているのに対し、西沢さんの「乙女さ」が、もっぱらヒナギクによってのみ読み込まれているのがやや非対称的かな、とは思いますが・・・。

Posted by: 鏡塵 | June 23, 2007 at 01:27 AM

 お久しぶりです。文月です。

 西沢とヒナギクの関係性ですけど……

 西沢さんが、ヒナギクの長所と認めるポイント=凛々しさ
 ヒナギクが、西沢さんの長所と認めるポイント=乙女さ(=自身の感情に素直)
 と、なっていますよね。
 この両者が相手を尊敬するポイントは、そのまま自身の克服できない欠点となっています。

 地味な常識人と華のある常識人は無意識に互いに欠けるものを求めて親友となっているわけで、ある意味もっとも鮮明な対の存在かと……百合的に(苦笑)

Posted by: 文月文 | June 22, 2007 at 07:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57426/15473729

Listed below are links to weblogs that reference 雉も鳴かずばハーマイオニー:

» 雉も鳴かずばハーマイオニー [フォマルハウトの25度上]
本ブログの注釈です。 ■古野まほろ『天帝のはしたなき果実』『天帝のつかわせる御矢 [Read More]

Tracked on October 07, 2007 at 01:01 AM

« ひょっとして今はない店舗なのかも | Main | タンメンとワンタンメンはちがうものだ »