« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

中央通りじゃないから8時に閉まらなくてもいいのかな

Merryheart
・・・大野まりな「アキバで抱きしめて」にインスパイアされてみました(←ちなみにゲームはプレイしたことありませんが・・・アンドアジェネシスは出てくるのだろうか(笑))。一昔前までは、8時どころか7時ころにはあんまり人気がなくなっていた気がするのだけど。徐々にアキバも夜の遅い街になっているのですなあ。

先日、仕事帰りに少し時間があったので、秋葉原に寄ってみることにした。駅に降りたのがもう7時を廻っていたころだと思うのだが、いつもの周回コースとして、雑居ビル2Fという立地からか比較的混まない「とらのあな」に立ち寄ろうとしたら、いつの間にか店がなくなっていた(なので何号店だかはもうわかりません)。そういえばビルを建ててるんだっけな、と思い表通りに出たところでメイド服の娘さんがチラシを配っていたので、なんとなく受け取ってみたらこういう絵柄であった・・・もはや私には想起することすら追いつかない、ガジェットに満ち溢れたデザインである。
#今思い返すと、チラシを配っていた娘さんはこの格好じゃなかった気が。
もはや、平日の夜間に唐突にメイド服の娘さんが現れてもなんの違和感もない街、それが秋葉原なのだろう。単にちょっとマニアックな買い物、というだけだったら、何もこの「趣都」まで来る必要などなくなってきているのかもしれない・・・それにしても、夜間ぐらいはスカート丈を長くしたらどうか、と心の中でツッコミを入れつつ、「東方」アレンジCDを2枚ほど手にして、私は足早にその場を後にしたのである。
#ちなみに今とらのあなのポイントが11347ptsあります。どうすりゃいいんでしょコレ(笑

| | Comments (31) | TrackBack (0)

「毎日部室に来たいと思います」

Nakoruru
なんと10年ぶりくらいに描きましたよナコルル&ママハハ。さすがに何も資料見ずには描けなかったので、『ギャルズ・アイランド3』を引っ張り出してきました。『ゲーメスト増刊』だったねそういえば(笑
#ママハハの資料もなかったので、鳥つながりで『とりぱん』を見てみましたが猛禽類はほぼ出てこないのですね(笑

この間かえんじゅさま、頭文字Oさまと一緒に関内パセラを攻略して、その後うろうろとさまよった後の帰途で昔語りになった。私は某私大のサークルで一応かえんじゅさまの先輩にあたるのだが、私の第一印象は「ナコルルの等身大立て看を描いた人」だったと聞いて、改めて自分の罪深さに愕然となった。
もはやどうしてそういう話になったのかディティールを思い出せないのだが、確かに私は、一応文芸サークルであるところの自分のサークルの新入生勧誘の際になぜかナコルルの等身大立て看を描いたことがある(ちなみにその前年は『スト2』のバルログの卓上看板だった(笑))。実は私自身はさほど格闘ゲームが得意だったわけではないので、おそらく洒落のつもりだったのだろう・・・しかし改めて思うに、こんなバカバカしい企画が何故通ったのか、今更ながらに疑問に思ったのである。
答えは案外簡単なものであった。冷静に考えてみれば、新入生を勧誘する立場に廻っているわけだから少なくとも2回生以上である筈だし、「前年にバルログを描いた」という記憶から見ると当時3回生以上ということになる。そして実は、わたしはかえんじゅさまと3学年離れているのである・・・つまり、なんのことはない、「最上級生が率先してバカをやっているのだから誰も止められなかった」ということなのである(爆
なんでこんな混乱が生じているかというと、私は学部卒業後大学院に進み、同じキャンパスの部室に顔を出し続けていたのである(探してみたら、院生時代に描いたらしい新入生歓迎用の小冊子があった)。確かに私は『究極超人あ~る』に強く影響を受けていたが、気付かぬままに素で鳥坂さんをやってしまっていたのである・・・後輩諸君には申し訳ないことをしたと、今更ながらに深くお詫びしたい気持ちで一杯である。

| | Comments (97) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »