« <ドメスティック>な暴力 | Main | ヒゲよさらば(ネコミミルート続き) »

「モード」の源流(ネコミミルート)

nanako.jpg
前回の記事には実は二つほど選択肢がしかけれられていたのだが、さしあたって今回はこちらをチョイス。
「巷間のメイド少女にねこみみ・しっぽが付きがちなのも故無きことではない」と看破したのは西川魯介であったが(『野蛮の園』)、巷を今騒がせているのは『月詠』のOPであろう。実は本編はあまり見ていないのだが(吸血鬼ものだというのに・・・吸血鬼についてはまたいつか語る機会もあろうが、『ヴァンパイア戦争』の再版は売れているのだろうか)、OPは確かに良い出来である。
裏を取っていないのでなんともいえないのだが、今流布しているの「ネコミミ」のイメージの源流となっている作品としては、しばしば手塚治虫の「さらばアーリイ」が挙げられるようである。これは1981年の作品なのだが、私個人には、ネコミミを含めて今「萌え」文化において流通している記号の多くは、1980年代に吾妻ひでおが世に問うたものなのではないかという印象がある。上記は、OPが『逆転イッパツマン』と似ていることで有名な『ななこSOS』から採ったものだが(掲載は1982年)、ひょっとするとコレ以前の作品にも類似のイメージがあるのではないかという気もする。吾妻ひでおはまったくもってあなどれない作家なのである。伊達に谷山浩子の友人ではないといったところか(笑)。
作中ではこれは「にゃんにゃん・ななこ」として妖怪放送局のアイドルとなって売り出すときの姿なのだが(といってもわけわからんとは思うが(笑))、ななこが「妖怪」であることを示すという文脈で登場するものであり、ナンセンスな作品世界においてではあるが、実はそれ相応に必然性を持った姿なのである。『月詠』の葉月や『ぴたテン!』の小星など、最近では意味を持たされない「ネコミミ」もわりと多いようである(後者もよく見ていないので理由があったら教えてください)。現代の「ネコミミ」は、もはや独自の意味世界を開拓しているのかもしれない。ロラン・バルトだったらどう言うだろうか(笑)。
#なお、この項続きます(よせばいいのに(笑))。

|

« <ドメスティック>な暴力 | Main | ヒゲよさらば(ネコミミルート続き) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

It's going to be end of mine day, but before finish I am reading this fantastic article to increase my knowledge.

Posted by: match.com | February 10, 2015 at 06:22 PM

Heya i'm for the first time here. I came across this board and I find It really useful & it helped me out much. I hope to give something back and aid others like you helped me.

Posted by: match.com free trial | February 06, 2015 at 10:06 AM

I'm not sure where you're getting your info, but great topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for fantastic information I was looking for this info for my mission.

Posted by: best dating sites | January 06, 2015 at 07:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57426/1877403

Listed below are links to weblogs that reference 「モード」の源流(ネコミミルート):

« <ドメスティック>な暴力 | Main | ヒゲよさらば(ネコミミルート続き) »